脱毛クリームは毛を溶かす?肌に危険な理由について

MENU

脱毛クリームは毛を溶かす?肌に危険な理由について

脱毛クリームの種類は最近とても増えたような気がしませんか。女性用だけでなく男性用もあるほどですから皆さん自分で頑張って処理を続けているということなのでしょうね。でも注意したいのは脱毛クリームの危険性。使う前に必ず理解して、自分に合った脱毛方法を見つけてくださいね。

 

脱毛クリームは毛を溶かす?肌に危険な理由について

 

脱毛クリームでムダ毛処理ができる仕組み

脱毛クリームはボディローションを肌に塗るような手軽さで使えるので人気がありますが、女性ならきっと一度は使用した経験があると思います。

 

保湿成分等も配合されているタイプがありますので、もしかしたら肌にはそれほど危険ではないかも?なんてつい油断をしてしまいます。そもそも脱毛クリームでムダ毛が処理できるのは、配合成分の薬品の働きで毛のタンパク質を溶かす為。肌の表面に見える毛が簡単にすっとクリームをふき取るだけでとれるのはとても便利ですよね。

 

でも薬品でタンパク質成分を溶かすということは肌にも同じダメージを与えることと同じ。いくら保湿成分が配合されたクリームでも薬品の強さと比較したら肌へのメリットは期待できるものではありません。

 

長時間クリームを放置すると火傷状態になる

脱毛クリームはデリケートゾーンにも使えるタイプがあり、全身どこでも自分で処理ができる魅力がありますが、部位によっても毛が太く一度に綺麗にできないことがありますよね。ワキ毛やビキニライン、スネなどはクリームの後にカミソリを使って仕上げ処理する場合もあるほどです。

 

そんな時に思いつくのがクリームをちょっと長めに肌につけておくこと。どの商品の注意書きを見てもわかりますが、必要以上にクリームをつけたままにすると肌に危険なのでやってはいけないと書かれていますよね。

 

もし長時間クリームをつけたままにすると薬品で肌の表面が溶けてしまい「化学熱傷」と呼ばれる火傷状態になってしまいます。肌が赤くなってただれた状態になるので、最悪皮膚科で治療が必要になる場合もあります。

 

脱毛クリームよりも良い方法について

脱毛クリームって値段が安いわけではないですよね。ひとつで1,000円前後の商品が主に売れているようですが、一生涯クリームにお金を使うなら永久脱毛した方が絶対にお得。

 

医療機関で受ける脱毛ですから安全性も高く、しかもクリームのように何度も使う必要はありません。月額で通えるクリニックも増えているので、どっちかお得になるかメリットやデメリットを賢く考えてみましょう。

永久脱毛のおすすめランキングトップへ

関連ページ

危険な家庭での脱毛!カミソリを使うと肌に予想以上のダメージ
永久脱毛に行きたいけどお金がない、そんな女性の悩み解決として皆さんやっているのがカミソリを使った自己処理です。お風呂で簡単に処理ができるし、なによりもお金がかからないことがメリット。日頃から続けているカミソリ脱毛は肌を傷つける為十分に注意しないといけませんよ。
簡単な脱毛ほど怖い!カミソリを使うと色素沈着に!
脱毛をするなら永久脱毛が一番効果があるといわれていますが、どうしても手軽にできるカミソリ処理から抜け出せない人も多いですよね。しかし簡単な方法ほど肌に与えるダメージは多く危険です。そこでカミソリによる色素沈着について詳しくみていきたいと思います。
自己処理のデメリット
永久脱毛で人気があるクリニックでは全身脱毛ができないところはない、と宣伝するほどどこでも綺麗に施術できる点が魅力ですね。自己処理でもほとんどは可能だと思われますが、VIOになるとそれほど簡単にはいかなくなります。
カミソリ脱毛はムダ毛の範囲が広がっていく?
カミソリで脱毛を続けると、徐々にムダ毛の範囲が広がっているように見えることがありませんか。広範囲にわたって処理を続けるほどさらに広がる悪循環の繰り返しです。自分で処理をするとなぜムダ毛の範囲が広がったり毛が太くなってしまうのでしょうか。
脱毛を自分でやると埋没毛の原因になる可能性あり
自分で処理した部分の新しい毛が埋没毛になってしまい、面倒くさいことになった経験はありませんか。こんな悩みは自分で処理した時だけで永久脱毛をすれば埋没毛になることもありません。では脱毛で知っておきたい埋没毛について詳しく見ていきましょう。
毛抜きを使った脱毛のメリットとデメリットについて
ちょっとした部分なら毛抜きを使った処理がとても便利ですよね。カミソリのような毛の断面も気にせず、新しく毛が生えてくるまでに時間がかかるのもよい点のひとつです。しかし自己処理方法のなかでも「毛抜き」はとても危険。今すぐにやめた方がいい理由をご紹介します。

永久脱毛クリニック一覧

メニュー

当サイトについて

このページの先頭へ